本当に稼げるバイナリーオプションを研究

究極の2択を楽しめるバイナリーオプション

トランプの「high&low」を為替変動を使って行うものといった表現がバイナリーオプションを簡単に説明したものです。ある基準からみて、次が基準よりも大きな結果になるか、それとも小さな結果になるかを予想していきます。

 

トランプの場合はあらかじめ選択されるカードの総数は決まっています。基準を決めた時点で残りのカードから選択される確率は片方が若干高い状態になりますが、為替の場合は結果が無限に存在しているため常に選択確率は変動しないと考えることが出来ます。常に総数は変動しないという前提において的中率を計算すると約50%になるため、高いか低いかという究極の2択を楽しめるものがバイナリーオプションです。

 

実際にはトランプのそれとは違うものではあるのですが、感覚的には同じように考えておくと分かりやすいです。

 

バイナリーオプションで行う取引は大きく分けて2種類あります。一つは冒頭の例のように「基準からみて上か下かを予想する」というもの、もう一つは「規定時間に達した時に相場がどの位置にあるのかを予想する」というものです。前者は主に海外のバイナリーオプションで採用されている方法で、後者は日本国内で採用されています。より単純なシステムで取引を行いたいということであれば海外の方式がおすすめです。

 

海外のバイナリーオプションの場合、取引時間は複数の選択肢から選ぶことが出来ます。その時の相場の動きを見ながら時間を決めていくと勝率をアップさせることが出来ます。非常に激しい変動を見せている時には短時間取引で一気に稼ぐ、相場が安定しているときは時間をかけて確実性を高めて稼ぐといった感じで自由に選ぶことが出来ます。結果は常に0か100にしかならず、予想が的中すれば投資金額は規定倍率(2倍程度)で返ってくるが、外れればゼロになります。

 

熟練度によって勝率をコントロールすることが出来るようになりますが、素人でもある程度の勝負を楽しむことが出来ます。

 

 

国内のバイナリーオプションに関する紹介

 

国内のバイナリーオプション業者の大きな特徴は、「取引開始~終了までの時間が長い」ということです。国内バイナリーオプションでは、取引時間は最短で2時間と定められています。この時間を一つの区切りとして考えることになるため、予想する変動の範囲は「2時間後の相場」ということになってきます。とは言え、多くの証券会社が2時間ではなく3時間を一つの基準として設定しています。前後の1時間を他の取引時間と重ねることによって、結果が出る前に次の取引を開始するということが出来るようになるので便利ではあります。仮にその回で予想的中が難しくとも、その変動を次回の参考として早い段階でポジションを取るということは大切で、それによって的中率アップや配当倍率アップを図ることが出来ます。

 

国内バイナリーオプションでは配当は常に一律です。取引満了時間に予想が的中していれば一口につき1000円の配当を得ることが出来、予想が外れていれば配当は無しになります。つまり、結果は0か1でしかないということです。その為、より高い精度で変動を予測することが重要となるため、国内および世界情勢に関する情報収集などをしっかりと行っていくことが必要になってきます。

 

ただし、取引時間は2時間と決められていますが、実質的にはそれ以下の時間で取引を行っていくことが可能です。あくまでも1回ごとの基準時間が2時間であるというだけであり、その時間内では何度でも取引を行うことが出来ます。つまり、開始10分で購入したポジションが1時間後にプラスになっていたので途中売却する、購入したポジションの価値が下がって来ているのでリスクを回避するために途中で手放すといった方法で取引することも可能です。その場合、状況に応じた価値での取引ということになり、1000円よりも低い価格で取引が行われることになります。状況にもよりますが、途中売却の場合は売値が700円以下となることが多いです。

 

 

国内のバイナリーオプション規制と海外業者

 

2013年7月、金融庁は「金融商品取引業等に関する内閣府例」を発表しました。バイナリーオプションはハイ&ローのように数字が上がるか、下がるかと言った簡単な予想で利益の出せる仕組みになっています。ギャンブル性の高さを警戒したため、新たな規制が設けられました。
規制前の取引では5分~15分程度で取引終了と短いものでしたが、規制後は最低でも取引に2時間はかかるようになりました。スピーディーな取引が魅力に1つであったバイナリーオプションですが、今はそれがありません。取引回数で利益を上げていた人にはダメージでしょう。エントリー回数が少なくなるということは、利益の低下にも繋がります。
この規制を受けて、国内のバイナリーオプション業者ではなく、海外業者に移行する人もいます。海外の取引は国内で禁止された短時間取引は未だに健在です。また、国内の取引よりも銘柄数や取引方法が多いので、国内のバイナリーオプションよりも自由度が高いのです。
国内規制をきっかけに海外バイナリーオプション業者を探している人も。取引の幅が広く、稼げるチャンスも国内よりは高いでしょう。海外業者を使う際はデメリットもあるので、よく見極めてから利用してください。
中には詐欺行為を行う海外業者もあります。利益を出しても送金しないなどのトラブルが以前起こりました。全ての海外業者が詐欺を行っているわけではありませんが、トラブルが発生しやすい部分もあるということは理解しておきましょう。
理想は国内業者と信頼のおける海外業者を併用することです。国内業者は利益率が低くなってしまいましたが、金融庁の登録をしているため信託保全も万全です。国内なので、送金対応も早く行ってくれます。海外は利益率が高く、短時間取引も健在なところが魅力ですが、国内業者のように信託保全はありません。ハイリスクになる場合もありますので、決して無茶な取引は行わないようにしましょう。

FXに慣れていない段階では、思わぬミスが生じる事があります。その1つが、発注のボタンのクリックのミスです。
私が初心者の頃には、そのミスを連発していた事がありました。その金融商品での売買のためには、もちろん買いや売りなどのボタンをクリックする必要があります。
それで私はある時に、売り玉を保有したいと思ったのですね。それでその金融会社の所定のボタンを、クリックしたつもりでいました。
それで数時間後にその建玉の状況を確認してみたところ、思わぬ損失が発生していたのです。実は私はその時、間違えてクリックしてしまいました。売り玉を保有するつもりだったのですが、間違えて買いのボタンをクリックしてしまっていたのですね。あれを見た時には、頭が真っ白になってしまった記憶があります。
そうかと思えば、その逆のパターンもあるのですね。また別のタイミングで売買を行ってみたのですが、その時も間違えてボタンをクリックしてしまいました。ところがその時は、私は大きな利益になっていたのですね。自分のクリックミスにより、思わぬ利益が発生していた形になります。ですのでクリックミスは悪い方向に転ぶ事もあれば、良い方向に転ぶ事もある訳です。何とも皮肉な話ですね。
ただ話を聞くと、実はそのような事例はとても多いのです。FXで売買をしている方は、たまに自分の失敗に関するエピソードを、インターネットで配信している事があります。その内容を見てみますと、案外と上記のような話は多いのですね。
そして人によっては、システムの使い勝手のよさを強調している事があります。そもそもなぜそのようなクリックのミスが発生してしまうかと申しますと、ちょっと画面のレイアウトが分かりづらいからです。つまりクリックミスが発生しやすい作りになっている訳ですね。
ですのでクリックミスを防止しようと思うのであれば、やはりデモ口座などで使い比べてみるのが良いと思います。色々な会社の口座を使い比べて、最もミスが発生しやすい会社を選ぶと良いでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:22:04

FXでは、システムの安定性はとても大切です。当然ですが、システムは安定している方が良いのです。フリーズなどが頻発してしまいますと、大変なことになってしまいます。
例えばある時に、買い玉を保有したかったとしましょう。それもできるだけ急いで、買い玉を保有しなければならないとします。雇用統計などが発表される時には、一刻も早くアクションを起こす必要がありますね。
ところがそれが、ちょっと困難になってしまう事がたまにあります。というのもサーバが虚弱な金融会社の場合、たまにシステムがフリーズしてしまう事があるのです。それでしばらくの間は待機しなければならず、買い玉を保有できなくなってしまう事もあります。それはもちろん、売買のチャンスを逃してしまう事にもなりかねません。ですので金融会社のシステムには、サーバーの強さが求められる訳ですね。
このため金融会社としては、いわゆるデータセンターというものを利用している傾向があります。その商品のためには、かなり多くのデータを取り扱わなければなりません。それで金融会社の自社のシステムでは、限界を迎えてしまう事も多々あるのですね。データが多すぎるので、自社のシステムではパンクしてしまう事もあります。それでは上記のようなフリーズが発生する確率も、高まってしまう訳ですね。
ところでデータセンターという所を利用すると、かなり多くのデータを取り扱うことができます。パンクする確率は劇的に減りますので、それだけシステムが安定する事が多いのですね。
ちなみにデータセンターを提供している会社は、金融会社とはもちろん別の所になります。すなわち金融会社は、データの管理を外部に委託している訳ですね。いわゆる外注を利用している事になります。
もちろんFXで売買をしているトレーダーの方々は、そのデータ管理のシステムなどを見る事はできないでしょう。目では見えないのですが、金融会社は必ずその外注システムを活用している訳ですね。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:21:04

FXでの利益のためには、試行錯誤などは必要だと思います。自分なりに色々な方法を比べてみて、収益率が最も高い方法を選ぶことになるのですね。
ところで試行錯誤を行う時には、やはり回数などは大切なポイントだと考えます。少ない回数で試行錯誤をするのではなく、やはりある程度まとまった回数で比べるのが良いと考えられるでしょう。
まず試行錯誤のやり方なのですが、基本的には比較をする事になります。例えばある時までは、やり方Aで売買を続けてみたとしましょう。それによる利益率が、プラス30%だったとします。そしてある時からやり方Bを試してみて、利益率は50%だったとしましょう。
AとBを比べれば、もちろんBの方がパフォーマンスが高いと考えられるでしょう。であれば、当然Bのやり方に固定するべきなのですね。
ところで、そのAとBの試行回数が大きなポイントになるのです。せいぜい数回程度の試行回数では、なかなか比較が難しくなる事もありますので、注意が必要です。
例えばAのやり方を5回だけ試して、Bのやり方を5回試すといった具合です。5回という数字では、ちょっと少なすぎると思いますね。データがあまり少ないと、ちょっと運の要素が大きくなってしまいます。
そもそもこの外貨を用いる商品は、運に左右される一面もあります。試す回数があまり少なくなってしまえば、運に大きく左右される事になりますので、比較も難しくなる傾向があるのです。
そうではなく、もっと多くの回数で比較をするべきなのですね。Aのやり方を30回程試し、Bのやり方を30回と言った具合です。もしくは100回などでも構いません。つまり、できるだけ多くの回数で比べるべきなのですね。
思えば新人のサラリーマンが仕事を覚える時にも、色々と試行錯誤を繰り返すことになるでしょう。その仕事を覚えるまでの試行の回数は、やはり数時間や1日程度などではないと思います。何日間やなに週間ほど時間をかけて、色々なやり方を試すことが多いのですね。FXも、それと同じだと考えます。

続きを読む≫ 2015/11/04 03:21:04