試行錯誤が大切なFXとその回数に関する重要性

試行錯誤が大切なFXとその回数に関する重要性

FXでの利益のためには、試行錯誤などは必要だと思います。自分なりに色々な方法を比べてみて、収益率が最も高い方法を選ぶことになるのですね。
ところで試行錯誤を行う時には、やはり回数などは大切なポイントだと考えます。少ない回数で試行錯誤をするのではなく、やはりある程度まとまった回数で比べるのが良いと考えられるでしょう。
まず試行錯誤のやり方なのですが、基本的には比較をする事になります。例えばある時までは、やり方Aで売買を続けてみたとしましょう。それによる利益率が、プラス30%だったとします。そしてある時からやり方Bを試してみて、利益率は50%だったとしましょう。
AとBを比べれば、もちろんBの方がパフォーマンスが高いと考えられるでしょう。であれば、当然Bのやり方に固定するべきなのですね。
ところで、そのAとBの試行回数が大きなポイントになるのです。せいぜい数回程度の試行回数では、なかなか比較が難しくなる事もありますので、注意が必要です。
例えばAのやり方を5回だけ試して、Bのやり方を5回試すといった具合です。5回という数字では、ちょっと少なすぎると思いますね。データがあまり少ないと、ちょっと運の要素が大きくなってしまいます。
そもそもこの外貨を用いる商品は、運に左右される一面もあります。試す回数があまり少なくなってしまえば、運に大きく左右される事になりますので、比較も難しくなる傾向があるのです。
そうではなく、もっと多くの回数で比較をするべきなのですね。Aのやり方を30回程試し、Bのやり方を30回と言った具合です。もしくは100回などでも構いません。つまり、できるだけ多くの回数で比べるべきなのですね。
思えば新人のサラリーマンが仕事を覚える時にも、色々と試行錯誤を繰り返すことになるでしょう。その仕事を覚えるまでの試行の回数は、やはり数時間や1日程度などではないと思います。何日間やなに週間ほど時間をかけて、色々なやり方を試すことが多いのですね。FXも、それと同じだと考えます。