FXのクリックミスを防止するために使い勝手が良い会社を選ぶ

FXのクリックミスを防止するために使い勝手が良い会社を選ぶ

FXに慣れていない段階では、思わぬミスが生じる事があります。その1つが、発注のボタンのクリックのミスです。
私が初心者の頃には、そのミスを連発していた事がありました。その金融商品での売買のためには、もちろん買いや売りなどのボタンをクリックする必要があります。
それで私はある時に、売り玉を保有したいと思ったのですね。それでその金融会社の所定のボタンを、クリックしたつもりでいました。
それで数時間後にその建玉の状況を確認してみたところ、思わぬ損失が発生していたのです。実は私はその時、間違えてクリックしてしまいました。売り玉を保有するつもりだったのですが、間違えて買いのボタンをクリックしてしまっていたのですね。あれを見た時には、頭が真っ白になってしまった記憶があります。
そうかと思えば、その逆のパターンもあるのですね。また別のタイミングで売買を行ってみたのですが、その時も間違えてボタンをクリックしてしまいました。ところがその時は、私は大きな利益になっていたのですね。自分のクリックミスにより、思わぬ利益が発生していた形になります。ですのでクリックミスは悪い方向に転ぶ事もあれば、良い方向に転ぶ事もある訳です。何とも皮肉な話ですね。
ただ話を聞くと、実はそのような事例はとても多いのです。FXで売買をしている方は、たまに自分の失敗に関するエピソードを、インターネットで配信している事があります。その内容を見てみますと、案外と上記のような話は多いのですね。
そして人によっては、システムの使い勝手のよさを強調している事があります。そもそもなぜそのようなクリックのミスが発生してしまうかと申しますと、ちょっと画面のレイアウトが分かりづらいからです。つまりクリックミスが発生しやすい作りになっている訳ですね。
ですのでクリックミスを防止しようと思うのであれば、やはりデモ口座などで使い比べてみるのが良いと思います。色々な会社の口座を使い比べて、最もミスが発生しやすい会社を選ぶと良いでしょう。